前回の続きで、

【冬至に何をするか?なぜするか?】

について、書きますね!

 

冬至は、かぼちゃゆず湯

よく知られている習慣ですね。

 

地域によっては食べ方が

違っているようで、比べると面白いです!

(ただいま、リサーチ中なので、

もし面白いことが分かりましたら

まとめてご報告します!)

 

まず、かぼちゃについて。

 

<かぼちゃ>

DSC01104

(これは、先日のシアトルのオーガニックスーパーにあったかぼちゃ!西洋かぼちゃは色んなカタチが可愛い♡)

 

なぜ、食べるか?

理由は、色々と言い伝えられています。

1)栄養価

冬の寒い時期に野菜がそろわない中、

かぼちゃは日持ちして、さらに栄養価として

ビタミンAとカロチンが豊富で風邪予防によいということから。

 

DSC02662

(飛行機から眺めた朝日!ミャンマーからの帰り)

2)太陽パワー

冬至は日照時間が一番短いとき。

ということは、太陽のパワーが一番弱いときでもあります。

もちろん、冬至からはこのパワーが増える一方なんですが!

この節目の日に、太陽パワーを入れたいわけです。

かぼちゃの色=黄色=太陽パワー

ということで、かぼちゃを食べる習慣があるようです。

この黄色が邪気払いの色としても

知られています。そんな意味もあるでしょう。

 

面白いことに、東北地方では、
かぼちゃだけでなく、
小豆も一緒に炊く地域もあるようで。
わぉ!それは、小豆かぼちゃ!!

 

なるほどね〜!!!

冬至に小豆かぼちゃ、

浄化もできて、とてもいいと思います!

 

<ゆず湯>

冬至になぜゆず湯に入るかというと、
「柚子の木の性質・特徴に由来している」
というのが一番有力な説みたい!

柚子の木というのは、寿命が長く、
虫などに強い特徴があるんですね。

(うちにもゆずの木があるけれど
たしかにそうですね!)

だから、柚子のお風呂に入ることで
「長生き」と病気にならない「無病息災」
という願いが込められています。

 

ちなみに、ゆずも、黄色ですね!

邪気払い^^

 

昔の人たちの智恵って
理にかなっていてすごいなと
日本の風習を学ぶたびに感じます。

 

このような意味を知る事で
きっと、更にいい「気」が巡ることでしょう。

昔からの風習を大事にしながら
運気アップですね!

素敵な冬至をお過ごしください!