みなさん、こんばんは!

食生活サポーターのサニーこと岩瀬早苗です!

今日から

「知っ得!食のマメ知識」

シリーズはじまりました~!

先程のつづきです。

まだ、大豆1を読んでいない方は
こちらから


「畑のお肉」と言われる大豆ちゃん。

タンパク質の倉庫です。

その、
大豆ちゃんのマメ知識の続き<おまけ編>です!


大豆ちゃんの栄養の上手な摂り方
ですよ~合格

そのポイントは、

煮たら、煮汁も捨てずに食す

ということ!!

え~~?!?!

煮汁、捨ててましたーー((((((ノ゚⊿゚)ノ

という声、良く聞きます。

はい。
これからは、利用してみてください(o^-‘)b。

お味噌作りでも

大量の大豆ちゃんをまず茹でますが

その煮汁はとっておいてお味噌づくりに使う他、料理に使います。

(手前味噌セットを購入していただいた方には、そのレシピも同封してありますラブラブ

実は、その煮汁に、

溶け出しているものがあるのですひらめき電球

大豆には、カリウムが多く含まれているので

利尿作用があったり

血圧を下げる作用もありますが

残念ながらカリウムは水溶性で水に溶け出してしまうため

煮汁も一緒にとる、というのが理想です。

ただし、あまり一気に料理に使いすぎると味がくどくなるので、

味のポイントとなるくらいに使用するのがいいです。

その他のポイントとしては

しっかりと煮てから食した方がよいです。

というのは、

大豆は意外と消化しにくいので、

じっくり火を通して

よ~~く噛んで召し上がってくださいね。

先程書いた効能以外にも

みなさん、おなじみの
「イソフラボン」が含まれ
女性ホルモンに似た働きだとか
骨粗鬆症予防や改善もありますよ!

また、老化防止だとか、疲労回復にもよいという
研究結果が出ています。

ただし、前回の記事の通り、
食べ過ぎには注意ですよ~~!!

こんな感じで

マメ知識をお伝えしていきます~ドキドキ

皆さんのお役に立てれば嬉しいです音譜

—–