みなさん、こんにちは!

食生活サポーターのサニーこと岩瀬早苗です!

震災から1ヶ月ですね。

毎月11日は、震災を忘れないように、色々な取り組みをし、その中のひとつとして大掃除しようと決めました。

なので、今日も早朝から掃除!

清々しいです。

余分な物を溜めない、というのは、体だけでなく、物でも同じく大事ですね。

身体も物も、「本当に必要なもの」、「ココロが喜ぶもの」を取り入れたいと益々実感しています。

さて、本題のみりんについてです。

昨日見学に行ったのは、伝統的な製法で純米味醂を作ってらっしゃる、「杉浦味醂」さん!

社長に直接ご案内していただきました!

$ここからSunnyのLOHASでいこう!

そして、味比べもさせていただきました。

$ここからSunnyのLOHASでいこう!

大きく分けて3種類あり、右から、①みりん風調味料、②本みりん、③純米本みりん(一番奥は3年熟成もの)になります。

安さで言うと①が一番安く、続いて②、③の順番。

また、安さだけではない、大事な違いがあります。

まず、味が全く違います。

味比べすると、歴然とした違いが分かります!

中でも、①みりん風調味料には、なんと食塩やたくさんの添加物が入っていてピリリとしますショック!

正直、飲めませんでしたあせる
(因みに杉浦味醂さんには、この①の商品は扱っていません)

因みに、わたしは、鼻が犬のように敏感なので(笑)、香りだけでもその違いが分かりました。

③はなんとも深いまろやかさがありました!!

(お土産に、③の3年熟成ものの純米本みりんを購入してきました~。みりんで砂糖なしのナチュラルスイーツ作りしようと計画中アップ。)

①のみりん風調味料は、「大量生産」型の食品に大抵使用されています。

ほかの調味料とあわせると、かなり低コストになるため、コンビニをはじめ、安いお惣菜やタレなどには、こういったタイプの調味料が使用されているのです。

塩が入っていることで、「酒」と扱われず、更に低コストになるというわけです。

また、日々こういった調味料で味付けされたものを食べていると、舌がそれに慣れ、化学調味料の味でごまかされてしまいます。

では、具体的に、材料としては何が違うのか・・・というと。。。

3種類の違いを分かりやすくした表がこちら。

$ここからSunnyのLOHASでいこう!

お味噌やお醤油同様、ホンモノは、材料がいたってシンプルなのです。

その分、造る工程において、時間がかかり、じっくりと熟成されてできあがるのです。

お味噌とか日本酒と同様、「糀」を使って出来上がります。

こういう「熟成もの」わたしは大好きです!!!

今回、試飲させていただき、
同じ「純米みりん」にしても、1年ものと3年熟成されたものでは、ひと味もふた味も違うのがハッキリ分かりました。

深いまろやかな味がなんとも言えない美味しさ。

これは、じっくりと熟成されたからこその味です。


人間も、同じかな。

自分自身も、じっくりと熟成させよう~ドキドキ

いい味が出るかな~~~合格

調味料と言えば、4月はこちらの講座がオススメ!!!

「簡単&美味しい ディップと調味料講座」

まだ、参加可能です~~

—–