マクロビオティックや薬膳で使う食材で、
とってもオススメのもの、
その選ぶコツ、そして使い方などを
今月からブログでご紹介しています!

前回の記事は、こちら~

$薬膳&マクロビオティック料理教室 三河・名古屋

本日のテーマは、この写真の中にある「梅酢」です!

「梅酢って、何?!」
という人のために、拡大してお見せいたします(笑)!
これです、コレ!

$薬膳&マクロビオティック料理教室 三河・名古屋

この、ピンク色した、キレイなお酢です!

昔は、お酢、といったら、この梅酢のことを意味していたようですよ。

それくらい、日本では馴染みあるものだったんです。

今は、、、残念ながら、ほとんどの人が知らない。

だから、もっと

「梅酢はスゴイ!」

ってことを知ってもらいたくって取り上げています(笑)。

マクロビオティックとか、
自然食をやっている人の間では、
ものすごく自然に
よく使われているお酢なんです。

うちでも、もちろん、よく使いますよ。

特に、これからあたたかくなる季節にかけて
よく使うようになります。

え?
そんなにいいものなの?!

と思われるかもしれません。

はい。
もちろん、効能はいっぱいありますよ

それを正しく活用していけば
ものすごい効果
があります。

ま、これは何でもそうなんですけれど~。

ということで、まずは、

「この梅酢の効能ってなんだろう?」

というところにフォーカスしてお伝えしたいと思います。

と、その前に。。。

そもそも、「お酢」って何でしょう?

お酢とは、アルコールのお酒が酢酸(さくさん)発酵してできたものです。

ほら、漢字を見てもよく分かります。

「酒」「作」ると書いて、「酢」

食の勉強をするようになってから、
色々な漢字の意味を更に深く知るようになって、
漢字って、深いなー。すごいなー!と改めて思います。

そして、英語の意味を調べてみても、こんなふうに!!!
(Macについている辞書で調べてみました。)
ORIGIN Middle English : from Old French vyn egre, based on Latin vinum ‘wine’ + acer ‘sour.’
ようは、英語の”Vinegar”の語源は、ラテン語ベースの古いフランス語で、「ワイン」+「すっぱい(酸味)」
から来ているということです!

ほーんと、語源とか言葉って、面白いですよねアップ
(え?そう思うのはわたしだけ!?(;^_^A)

ま、語源はいいとして、

効能です、効能!!!

効能は、この通り色々あります。

肝機能の改善、
血液浄化、サラサラに~、
疲労回復、
整腸作用、
殺菌作用、
ストレス疲労に
熱射病対策に、、、などなど。

色々な効果があり、
特に現代人には嬉しいですねラブラブ

ただし、これはどんな調味料でも言えることなんですけれど、
効果を期待するならば、
「ホンモノ」であることです。

ホンモノとは、、、、?!

そして、その使い方とは?!?!

つづく~。

$薬膳&マクロビオティック料理教室 三河・名古屋

マクロビオティックx薬膳 基礎総合コース
残り1席です~ドキドキ
5月からスタートもできますよ。

—–