みなさま、こんにちは。

食生活サポーターのサニーこと岩瀬早苗です!

ルンルンル~ン音譜

$薬膳&マクロビオティック料理教室 三河・名古屋

畑のカエルもちょこんとキュートに座ってます。

では、昨日のつづきパイナップルの効能と使い方について、です。

まだ読んでない方は、こちらのパイナップルの記事からお読みください音譜

パイナップル

効能:体内の熱が上がりすぎによる高熱(熱射病、暑気あたりなど)、熱性便秘、下痢、消化不良、むくみ、咳、痰が多い、喘息、など

使い方:実と皮、葉が使えます!

腎炎のとき:パイナップルと新鮮な皮を水を足して煎じる。

暑気あたり(熱中症対策に):パイナップルと新鮮な皮に水を加え、蜂蜜を適宜足して煎じる。
毎日2-3回飲む

※パイナップル100gに対して皮50gです。

わ~~い。

丸ごと活用法ですね。

でも注意点が。。。

※冷え性の人は食べ過ぎない事

(薬膳素材辞典にも、そう記載されています。)

—–