昨日のアーモンドについての記事の続きです^^

まずは、「アーモンド」、漢字で書くと!?

「扁桃」です。

中国名は、「扁桃仁(ビエンタオレン)」です

どーでもいいことですが、
ビエンタオレン→鼻炎倒れん …?
と変換されてしまった(笑)

英語は、おなじみの、“Almond”ですね。

$薬膳&マクロビオティック料理教室 三河・名古屋

では、早速、「アーモンド」について

クイズ形式で効能を覚えちゃいましょう(笑)

「アーモンド」といえば、

ナッツ類でも○○の含有量がトップクラスということで有名です。

それはなんでしょう?

こたえは、

「ビタミンE」

嬉しい事に、抗老化作用で、「若返り」効果があると言われてます。

更にさらに、肌を滋養して若返らせるため、

「美顔」にもよいのです!

きゃ~うれしいо(ж>▽<)y ☆

※でも、食べ方に注意も必要なんで、下の注意事項まで、読んでくださいね^^

原産地は、近東地域。

日本には、江戸時代にポルトガル人によって、最初、薬用として伝えられたそうです。

現在の甘味のスイートアーモンドは、「東方栄養新書」で調べると、

全て、アメリカやオーストラリアからの輸入品です」と。。。

記載があるのですが…

昨日の記事に書いたように、うちでも栽培ができちゃった(笑)( ´艸`)

まぁ、こうして国内で作る人は0.01%もいないかもしれませんね。。。

つづいて、次のクイズです。


アーモンドは、油類が豊富なので、○○にもよい!

○○とは?

こたえ、

腸の粘膜を潤わせ、通便をよくする効果があります。

薬膳では、この効果を
「潤腸通便(じゅんちょうつうべん)」
といいます。

ひらめき電球効果もある反面、食べ方に注意がいるので、ここはよ~~くお読みください目

アーモンドは、栄養価も高くって効能もあり、よいのですが、

「消化しにくい」

という点もあります。

ですから、胃腸が弱い方は控えめがいいですね。

そして、ナッツ類といえば、脂が気になる!?

少量だと血脂の降下を助けるといわれているのですが、

「食べ過ぎると高脂血症の原因」になりやすいので、食べ過ぎ注意です。

少量ならば、OKです。

(たとえば、1日5~10粒まで、とか。体調&体質にもよりますが…)

なんでもそうですけれどね、適量が一番です。

昔、20代前半のころだったかな。

ナッツにはまった時期があって、

翌日、一気に肌荒れした覚えがあります(爆)

だから、ナッツ=肌荒れ

という公式を(勝手に)創ってしまった時期がありましたが、

そうではなくて、

欲張って食べて、食べ過ぎが肌荒れの原因なのです。

少量なら、効果ありなのです。

それから、アーモンドは酸化しやすいので、古いと発がん性が発生しやるいので、

常に新しいアーモンドを食すようにしてくださいね~。

$薬膳&マクロビオティック料理教室 三河・名古屋

とりたて~(笑)

今日も元気いっぱい、素敵な一日を~。

—–