みなさま、おはようございます!

食生活サポーターのサニーこと岩瀬早苗です!

今日は久しぶりに朝から雨がパラリ。
やっと恵みの雨かしら。

さて、朝の連続テレビ小説「おひさま」、ご存知ですか?

わたしはあまりTVを見ませんが、これはだいたい見ています。
(見れない時は、録画して)

そういえば、カンボジアへ5月に行った時も、友達の家で「おひさま」を見ました。

その頃の記事はこの前後に書いてあります^^

向こうで日本の番組を見られるのは、不思議な感じでした^^

$薬膳&マクロビオティック料理教室 三河・名古屋

つい、写真撮っちゃいました(笑)。

今、この番組は戦後のストーリー。

お蕎麦屋さんでは、蕎麦粉が不足しているので、代わりに、こんにゃくを入れて使ってます。

こんにゃくって本当に便利な食べ物だと思います。

今も昔も。。。

そこで、今日はその「こんにゃく」について。

こんにゃくと漢字で書くと「蒟蒻」

ちょっと覚えにくい漢字ですね^^;
(それは私だけかも…汗)

こんにゃくは、こんにゃくいもと書くときは、「魔芋」って書くんですよ。

なんだか、名前が怖いですね^^;

他にも、調べてみると、やっぱり呼び名があって…おもしろいこと、発見(笑)

実は、Elephant foot、象の足という別名があるんですよ!!

$薬膳&マクロビオティック料理教室 三河・名古屋

うん~~、確かに、こんにゃく芋に似ているかも。

他にも、別名として、devil’s tongue 「悪魔の舌」と呼ばれたりしています。

これは、どうやら、こんにゃく芋の花がちょっと変わった形をしていて、そのように呼ばれているようです。

普通に、英語では、konjac「こんにゃく」で通じますけどね。

因みに、こんにゃく芋の原産はインドシナ半島。

次の記事では、効能と、その他の覚えておくとよい知識をご紹介しますね!

では、今日も充実した一日を!

—–