みなさま、おはようございます。

食生活サポーターのサニーこと岩瀬早苗です!

朝のうちの田んぼ。

$薬膳&マクロビオティック料理教室 三河・名古屋

青々してきて見ていて涼しげ&気持ちいいです^^

さて、本日は、昨日のパイナップルの記事の続きです。

と、ちょっとその前に、大事な話です。

よく、「マクロビオティックや薬膳って、ストイックな食事法ですか?」
と疑問に思われてる方がいるようですが、

「そうではないですよ~~。」

とお伝えしたくてまずはこの記事を書きます。

マクロビオティックでは、身土不二※という考えから、熱帯地域の果物をあまり推奨していません

というのも、(体質、体調にもよりますが、)基本的には取り過ぎると体が冷えたりむくんだりしやすいため。

※身体と住んでいる土地は繋がっている。
旬の、その土地の地場のもの、国産のものを取り入れたほうが、体に合っているという考え。

薬膳では、全てにそれぞれの効能があり、熱帯地域の食材も色々取り入れています。

ただ、薬膳でも、「冷え性の方は取り過ぎ注意」として体質、体調によっての注意書きがあります。

どちらも、「体質、体調によってチョイスする」ということは同じ。

そして、「絶対○○はダメ」というのはない

ですので、取り入れるかどうかは自分次第。

ようは、

「自分の心と体の声をよく聴く」+「判断力」

ということが大切になってきます。

文章だけではなかなかそのあたりが最初は伝わりにくいかもしれません。

(なるべく分かり易く、と心がけてはいますが…)

だから、本当は対面でちゃんと診て行くことが大事だと思っています。

マクロビオティックx薬膳 基礎総合コースや、個人コンサルティングでは、

対面で、お一人おひとりの方々とお話する中で、
そして、
望診法(体や手足などからその人の内蔵の調子がわかる方法)を使ったりして、

皆さんにあったアドバイスしていくことができます。

よくあるのは、本やインターネット情報だけで学び「自分はこうに違いない」と決めつけていらっしゃる方が多いけれど、よく診てみると(聴いてみると)実は気にされているところはそれほどでもなかったり、それ以上に違うところを改善したほうがよかったり、、、というケース。

でも、お一人おひとりにアドバイスさせていただいたことで、たくさんの方々が体調改善されたり、様々な気づきを得てくださって、生活そのものが楽になってきましたという報告もたくさんいただいています。

ただ、丁寧にみていくため、数に限りはできてしまうけれど。

でも、お伝えした方々から、家族やお友達、周囲の方々へと、また輪(環)がひろがり、幸せな笑顔が増えたらなと願っています。

まずは、コツコツと。

わたしが今まで経験し、習得してきたこと、わたしにできる最大限のことを、皆様に丁寧にお伝えしていくことが大事だと確信しています。

そうすることで、
「自分の心と体の声をよく聴く」ことのできる人たちが増え、マクロビオティックや薬膳を食生活の中にうまく活用して、更に幸せな人生をデザインしていくきっかけとなればと願っています

ブログでは、たくさんの方々に、食の大切さ、食の面白さ、食や生活そのものに関する有益な情報をお伝えしていきたいと思っています。

皆様に、気づきと学びをお届けする事で、毎日が更に「笑顔いっぱい、元気いっぱい」になれば、わたしも嬉しいです。

ということで、続いては、お待ちかね!?

パイナップルの効能
についてです。

—–