今日は今年最後の「マクロビオティックx薬膳 基礎総合コース」でした。
(本日は、レッスン7&8…来年も続くコースです)

本日も、大盛り上がりでした。

参加されたみなさま、ステキな笑顔をありがとうございました。

いや~~、それにしても、今回もすごかったです。

みんなの変化に拍手です!

料理絶対しない!っていう人が料理しはじめたり^^

今まで嫌々やっていた人たちも、
「お料理が楽しくなって来たーーーー!」

とか、

前回の米チーズ(米で作る植物性チーズ)をお家でも作ってくれた人は、

「旦那が、美味しいチーズだと思って食べてくれた~!」

とか、

「「あの、キャベツのサラダがつまみに旨い!」と旦那が言うから、3回も作ったードキドキ
とか、

「パートナーが気に入ってくれたから週1ペースで作ってる!」

とか

いい変化がどんどん出ていますラブラブ!

講師の私も毎度ビックリ!するくらいの「ステキな変化」がどのクラスでもあります。

2週間で6キロ痩せて、その後も順調に更に磨きがかかって、美しくなられた生徒さんラブラブ!

今回、更に若返ってて、また見とれちゃいました(笑)ラブラブ!

人の可能性ってすごいですね!!

可能性と希望を感じさせてもらえてて嬉しいですラブラブ

ホントにホントにありがとうございます!

わたしも、更に更に磨きをかけるぞ!!

心も身体も感度を上げるぞ~~~アップ

と思い、今日も仕事を終えた夜に、マラソンしましたー。

といっても、今日は軽く5キロで終了。

明日はもうちょっと明るい時間にやろうかと。

うん、そろそろフルマラソンに向けて、本格的に始動しよう(やっと、ですね…爆)ビックリマーク

$薬膳&マクロビオティック料理教室 三河・名古屋

さて、本題。

この内容は記事「老化と深く関わる臓器とは?」の続きになりますので、まだ読んでない方は、こちらから読んでください。

老化防止のため、というか、ようは、「アンチエイジング」のための食事には、

まずは、余分な物を取らないところから、はじまります。

「足し算よりも、引き算」の考え方です。

人はすぐに、「●●対策には、△△をとろう!」

のように、何かと「プラス」しがちです。

でもね、現代人は、とにかく「とりすぎ」が原因で不調になっている人が多いのです。

例えばどんなものかというと、、、

甘いもの好きな女子には耳が痛い話ですけれど、、、(;´▽`A“

白砂糖を使ったような「甘いもの」ですね。

これを食べ続けていると、、、

残念ながら、老化まっしぐらになります。(°Д°;≡°Д°;)

もしくは、アルコール。

浴びるように飲んでいると、老化現象へと近づきます。(((( ;°Д°))))

若いうちはまだ排出力もあるし、いいのですけど、この積み重ねで一気に老化へ近づきます。

記事「老化と深く関わる臓器とは?」のチェック項目で、チェックが入った人、どうでしょうか?

そして、見落としがちなことをもうひとつだけ書いておきますね。

水分を取り過ぎていないか、チェックするといいですよ。

過剰に水分を取ると、腎臓に負担をかけてしまいます。

昔のわたしは、お茶や水をたくさん飲んだ方がよい、という噂を信じて、ガバガバ飲んで、トイレに1日10回くらい行ってました(汗)

そして、めっちゃむくんでいました。

いい水さえたくさん飲めばいいと思っていたら、大きな勘違い^^;

詳しい事を知らなかったアノ頃…σ(^_^;)

今なら分かることですが、これはトイレ行き過ぎ、腎臓使い過ぎです(笑)。

利尿すればいい、という問題ではないんですね~。

実は…
腎臓が弱っていると、トイレも近くなります。

そういう意味では、随分わたしの腎臓は強化されたのだな~と思います。

腎臓さん、丈夫になってくれて、ありがとう~ラブラブ

まだまだ強化中で、これから更なる「若さ」に磨きをかけたいと思います音譜

—–