みなさん、こんばんは。

食生活サポーターのサニーです!

最近なぜか、異国の友達が一気に増えています(笑)。
日本にいても、お友達の輪は拡がりますね。

海外の友達とskypeで話したり、
(なんとありがたいシステムなのだろう…ドキドキ
日本に在住の海外出身の友達からも
最近ふしぎと連絡を頻繁にもらうのです。

もうすぐ、ちょっとした通訳のお仕事もあり、

わたしが引き寄せているのか・・・なにひひ

とにかく、本当に面白いです。

で、今日のテーマは、インターナショナルトピックです!?

国が違えば、文化も違う。

そして、体質が違えば、食べ物が違う。

ということで、食に関する面白い比較分析です!!

薬膳を勉強していると
どうしてもルーツの中華料理が基本になってくるのですが
中華料理っていうと、日本人の皆さんの多くが
「油っこい!!」とおっしゃる。
(一般的にですが)

今日は英語の勉強を久しぶりにしに行き、
その後に皆で懇親会へ行ったのですが
行き先は中華料理屋さん(笑)。
美味しかったですが、確かにどれも油っこいです。

でね、なんで中国人はこういう料理を毎日食べられるかっていうことを
以前調べたことがあるんですが、、、。
(気になるととことん知りたくなって…笑。)

分かってきたのは、もともと備わっている
「腸」のつくりが違うということ!

中国人は油っこいものへの消化吸収能力が優れているようです。
しかも、日本人の3倍も!!!
もともと備わっている臓器の力が違うのですから
中国人と同じものを食べていては確かに堪えますよね…

因みに、漢方薬なんかでも、そう。
中国人よりも日本人の方が胃腸も弱いし、薬も効きやすいから
中国での1/3量でいいという話も聞いたことがあります。

それから、わたしが中医学&薬膳を学んでいたときに
「へぇ~~~!!」っと驚いたことがいくつかあるのですが、
その中のひとつを紹介しますね。

中国には、「肩こり」ってあまり言わないらしいです。
正確には、そういう症状名、病名としてはないと学びました。
(実際には言葉はできているようですが…「肩酸」というらしい。)

どうしてか?

それは、中国では、そのような症状を訴えるような人たちが少ないから。
もちろん、全くないわけではないのですが、
そういうときは、「肩が重い」とかいう表現のようです。
日本では多くの女子が「肩こり」で悩んでいるというのに…ショック!

そしてもうひとつ。
同じく、「冷え性」っていう病名もないんですよ。
病気として取り扱われていないんですね。

でも、「冷え性」に悩む日本人女性は、たっくさん!!
特に現代人の特に女性の大半が「冷え性」です。

今まで、食の講座や料理教室などをあちこちでしてきて
みなさんの悩み相談もしてきましたが、
ダントツで多いのが、「冷え性」。
20代から40代の方々が多いですが、
早いと、子供でも冷え性だったり、結構深刻です。

この冷え性、臨床では、主に3つに分けています。

1.血流がよくないタイプ
2.水の代謝がよくないタイプ
3.新陳代謝が低いタイプ

一番多いのは、どのタイプかというと、
代謝機能が落ちて、熱を充分作れないという
3.の新陳代謝低下タイプなのです。

今日も体調改善のためのアドバイスとサポートを
させていただく機会があったのですが、
やはり、今日の相談者さんも、新陳代謝低下タイプ、に当てはまりました。

せっかくいいものを食べても、
代謝機能が低下していては意味がありません。

今日も、食の面ではもちろんアドバイスさせていただきましたが、
生活全般において、代謝が上がるような工夫をするように
(例えば、今日の相談者の方にとっては、寒風摩擦などがよい…等)
とお伝えさせていただいたら、
とても腑に落ちることがあったようで、こちらも嬉しくなりました音譜

帰り際には、満面の笑顔でしたニコニコ
次回までにどんな変化があるか、、、お会いするのが楽しみです。

みんなの笑顔が最高です~~~音譜

国の違いと食の違いの話はいっぱいあります(笑)。
今日はこのあたりで。

今日も読んでくださってありがとうございます☆

—–