お待たせしました!!

海外出張後、あまりの仕事の多さに
なかなかブログ更新できませんでしたが、
本日は、帰国したばかりの貴重なトルコの食ネタでお届けします。

世界三大料理といえば、、、

フランス料理、中華料理、そして、トルコ料理なんです。

そもそも世界三大料理って?!?!

因みに、ウィキペディアでは
「いずれも広大な領土の大帝国における宮廷料理として発展した背景があり、食通の王侯や皇帝が、領土内の各地方・各民族の料理法を糾合し、珍味の食材を蒐集し、また国富を背景に多くの料理人を召し抱えて腕を争わせた結果、多彩で豪華な料理文化が発達した共通の歴史を持つ。」
と記載されています。

ところで。。。
トルコ料理が、世界三大料理のひとつってご存知でした?

え~、でも、なぜ??

わたしは、トルコに行くまで
このあたり、恥ずかしながらあまり深くは知りませんでした。

なぜ、トルコ料理が世界三大料理に選ばれているのか???

大きな理由は、
世界各国の食文化の影響を及ぼした歴史ある食、料理、といえるからでしょう。

東洋文化の代表として、中華料理、

西洋文化代表としては、フランス料理、

イスラム文化の代表として、トルコ料理

これら、3大文化圏で生まれた料理が基礎となって
現在、世界各国の料理が生まれているのです。

中でも、トルコは、地理的に、これら3つの文化が交錯する「西と東を結ぶところ」に位置しています。

食文化としても、東洋と西洋、そしてアフリカの料理の融合を起こしていて、
今では世界でも大人気なイタリア料理の基礎となっているのが、実はトルコ料理なのです。

トルコ料理って、あまり想像がつかないかもしれませんが
・東西の食文化を融合させた料理法があること。
・豊富な食材を使用すること

が特徴といえます。

こちらは宮殿のレストランでいただいた前菜。

ベジで美味しかったです~。
暗かったので、食事内容があまりハッキリうつってないですね(汗)

(これは、また別の宮殿カフェレストランにていただいた前菜!
前菜から既にライスたっぷり~詰め込んであります~笑。)

ケバブとかが有名ですけれど
海の食材だって豊富です。
というのも、黒海、地中海などから捕れるから。

また、地中海周辺でとれるオリーブオイルはとても有名。

美味しいオリーブオイルも多いです。

また、主食を多くとるのもトルコ料理の特徴かな~と、視察して感じました。

というのも、毎食必ずパンやパスタ、米が多く出てくるので。

おかずの中にも、主食がしっかり詰め込んであったり(笑)。

わたしは、結構そういうのも美味しくいただける方なんだけれど
主食はあまり好きでない人にとってみたら、キツイかもしれません(笑)。

小麦だけでなく、
東洋の主食であるお米をふんだんに使っているあたりが
食文化の歴史をたどると、やはりここが拠点だったんだ、と思わせるところでした。

豆料理も多いです。
わたしは、結構好きだな、豆料理!!

マクロビ薬膳でアレンジができそう~~と思って味を覚えてきました。

将来的に、生徒さんたちと行く、
「トルコの食と歴史文化を堪能する視察旅行」
を実現できたらな~と企画しております。

実は、今回の現地視察は特別でした。
単なる旅行ではなかったからです。

今回、現地の大企業の社長さんともお会いし、ご縁をいただいたことで、一般のツアーでは絶対に体験できないようなところに行き、食文化を経験するサニーの特別企画ができそうです

もう、ビックリ感動するような体験を共有したいんです!

人生、限られていますからね。

時には、自分の人生に素敵なスパイスを。
とびっきりの経験を共に味わいたい。

みんなの笑顔が想像できるから。

数年後に行きたい方、是非一緒に行きましょうね!

連日の仕事もしっかりしながら
まずは企画を練って練って、準備しておきます!!

今日も楽しい基礎総合コースでした。
今週は続けてレッスン。

笑顔で受けてくださる生徒さんたちに心から感謝して~~

—–